化粧水はどのくらいの量が適量?

スキンケアに欠かせないのが化粧水ですよね。

化粧水による保湿は、スキンケアの基本と言われています。

肌が乾燥するとカサカサするだけでなく、バリア機能が低下してしまうので、肌荒れを起こしやすくなりますし、シミやシワもできやすくなるそう。

美肌ケアに欠かせない化粧水ですが、どのくらいの量をつければ良いのか、意外と分からない事はありませんか?

化粧水には例えば「500円玉大」など、つける量が記載されていますよね。

でも、実際につけてみると「この量では足りない・・」と感じる事があるんです。

shiimi肌の調子は1日1日変わっているので、化粧水をつける量もその時で変える必要があります。

どのくらいが適量なのかというと、肌が教えてくれるそうなんです!

化粧水をつけていると、手の平に頬が吸い付くように、くっついてくる事があります。

この状態になったら、十分に保湿されたという証拠と言われています。

また、肌が冷たくなった時も、潤った証なのだそうです。

つける時はバシャバシャとではなく、馴染ませるよう丁寧に浸透させる事がコツです。

「高い化粧水をケチケチ使うよりも、安い化粧水をたっぷり使った方が良い」と、言う方もいますよね。

これは、しっかり肌を潤さないと十分に、保湿されないから、このように言われているんだと思います。

手の平に頬が吸い付くようになるまでには、結構時間がかかりますが、この一手間で肌の質はグンと良くなりますよ。

豊橋で人気の脱毛サロンを探しているなら
脱毛豊橋人気ランキング

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です