化粧水はどのくらいの量が適量?

スキンケアに欠かせないのが化粧水ですよね。

化粧水による保湿は、スキンケアの基本と言われています。

肌が乾燥するとカサカサするだけでなく、バリア機能が低下してしまうので、肌荒れを起こしやすくなりますし、シミやシワもできやすくなるそう。

美肌ケアに欠かせない化粧水ですが、どのくらいの量をつければ良いのか、意外と分からない事はありませんか?

化粧水には例えば「500円玉大」など、つける量が記載されていますよね。

でも、実際につけてみると「この量では足りない・・」と感じる事があるんです。

shiimi肌の調子は1日1日変わっているので、化粧水をつける量もその時で変える必要があります。

どのくらいが適量なのかというと、肌が教えてくれるそうなんです!

化粧水をつけていると、手の平に頬が吸い付くように、くっついてくる事があります。

この状態になったら、十分に保湿されたという証拠と言われています。

また、肌が冷たくなった時も、潤った証なのだそうです。

つける時はバシャバシャとではなく、馴染ませるよう丁寧に浸透させる事がコツです。

「高い化粧水をケチケチ使うよりも、安い化粧水をたっぷり使った方が良い」と、言う方もいますよね。

これは、しっかり肌を潤さないと十分に、保湿されないから、このように言われているんだと思います。

手の平に頬が吸い付くようになるまでには、結構時間がかかりますが、この一手間で肌の質はグンと良くなりますよ。

豊橋で人気の脱毛サロンを探しているなら
脱毛豊橋人気ランキング

重曹でお肌がツルツルに!

17以前、知り合いから「重曹をお風呂に入れると、温泉みたいにお湯が柔らかくなるよ!」と言われた事があったんです。

たまたま料理に使った銃酢が余っていたので、お風呂に入れた所、本当に温泉のような肌あたりの良いお湯になりました!

元々、重曹の成分は温泉にも含まれていますよね。

それに、重曹を入れたお風呂に入ると、肌がとってもツルツルになりますよ!

重曹にはピーリング作用があるらしく、古い角質が取れたのでツルツルになったのかな?と思っています。

重曹の美容効果について調べてみたところ、重曹パックが流行していたみたいですね。

重曹パックは毛穴の黒ずみを、取る効果があるようです。

重曹はピーリング作用の他にも、皮脂などを吸着する作用もあるので、毛穴の中に詰まった皮脂や汚れを取る効果が期待できると言われています。

作り方も簡単で重曹と水を練って、肌につけても垂れない程度の硬さにするだけです。

3分程パックするだけで、毛穴の黒ずみをケアができます。

重曹と水の他に、ハチミツやオリーブオイルを混ぜて、パックする方もいるそうです。

特に鼻にできる毛穴の黒ずみは、頑固なので洗顔では落ちませんよね。

鼻パックもありますが、余計に毛穴が広がってしまうそう・・・。

重曹パックなら、安心して行えますね。

ただ、重曹は刺激もあるので長くパックしない、少しでもヒリヒリするといった刺激を感じたら洗い上がしましょう!